お泊まり保育

IMG_1592 IMG_1617 IMG_1626 IMG_1630 IMG_1631 IMG_1634 IMG_1639 IMG_1686 IMG_1711 IMG_1706 IMG_1708 IMG_1717 IMG_1769 IMG_1776 IMG_1809 IMG_1821 IMG_1833 IMG_1838 IMG_1867 IMG_1891 IMG_1950 IMG_1981 IMG_2013 IMG_2014 IMG_2019 IMG_2026 IMG_2072 IMG_2102

7月20日、21日に年長黄組の子ども達が園内でお泊まり保育を行いました。ボディペインティング、プール遊び、夜ごはんのカレーライスの野菜を切ったり、記念品の写真たて作りなど盛りだくさんの活動に子ども達は大興奮!すいか割りや花火、自分たちで布団を敷いたり、お友だちと一緒にみんなで楽しみました。お泊まり保育前は、初めてのお泊まり大丈夫かな、夜眠れるかな、寝相が悪い、おねしょしないかなどのお母さん方の心配をよそに子ども達は、お友だちと先生とのお泊まり保育を思いっきり満喫しました。今年の夏の心に残る体験をして、さらに大きく成長したことと思います。

IMG_1406 IMG_1409 IMG_1413 IMG_1414  IMG_1443 IMG_1445 IMG_1456 IMG_1469 IMG_1470 IMG_1472 IMG_1476 IMG_1488  IMG_1510 IMG_1512

16日土曜日に、年長黄組が布施商店街の土曜夜市の歌まつりに参加しました。当日の会場はお客さんでいっぱいなり、高い舞台での演技となりました。スポットライトを浴びて、汗だくになりながら力いっぱいダンスやうたを歌う子ども達の姿はとても輝いていて、私たちも感動しました。

応援に来て下さった皆様、ありがとうございました!

土曜夜市~歌まつり予行~

IMG_1339 IMG_1342 IMG_1349 IMG_1357 IMG_1381 IMG_1384

今週16日(土)は、布施商店街の土曜夜市~歌まつり~年長黄組が出演します。今日は、その予行として全園児の前で、演技を披露しました。先生に作ってもらった小道具を身につけ、本番通りに行われました。小さい組の子ども達は食い入るように発表を見たり、一緒に踊りだす子もいました。6月初めから、踊りはじめ、先生の踊りを必死に見て真似をする子ども達。複雑な振り付けもしっかりと覚えて、日に日に上手になっていきました。午前中はプールに入り、午後から夜市の練習と、ハードな毎日が続きました。子ども達の頑張る姿に担任の先生も励まされながら、練習に取り組んできました。いよいよ今週末の本番!たくさんのお客さんの前でも、いつものように力いっぱい歌や演技が出来ることを願います。残り3日間の練習も黄組のみんな!頑張ろうね!

七夕・誕生会~6・7月生まれのお友達

IMG_1228 IMG_1234 IMG_1241 IMG_1245 IMG_1246 IMG_1300 IMG_1306 IMG_1309 IMG_1308

今日は、6・7月生まれのお友達のお誕生会と七夕まつりがありました。誕生児は名前、年齢、将来の夢を発表します。緊張しながらも、みんな一生懸命発表していました。「アイスクリーム」「水あそび」の歌をうたったり、「たなばた」の歌をおうちの方と一緒に歌いました。その後、織姫と彦星のペープサートを使った七夕のお話を聞きました。暑い中、誕生会に参加して下さった保護者の皆様ありがとうございました。

プール参観日

IMG_1195IMG_1212 IMG_1206 IMG_1181 IMG_1180 IMG_1189 IMG_1177 IMG_1100 IMG_1096 IMG_1151 IMG_1149 IMG_1156 IMG_1158 IMG_1160 IMG_1169 IMG_1171 IMG_1174 IMG_1172

昨日、今日の二日間プール参観がありました。年長黄組は男の子と女の子に分かれてプールに入りました。プールの中をグルグル歩いて渦巻きをつくったり、端から端までを泳いだり、フープくぐりやミニ飛び込みをしました。年中桃組も男の子と女の子に分かれて入りました。向かい合わせに座ったお友達のところまで歩いたり、泳いだりして手にタッチをしたり、バタ足、フープくぐり、水のかけ合いをしました。年少青、緑組はプールに肩までつかったり、顔を水につけ、ワニのポーズで歩いたり、水鉄砲をしました。2歳児赤組は、ペットボトルを使って水をうつしかえたり、さかなのカードで遊んだり、水鉄砲を楽しみました。

おうちの方に日頃のプール遊びの姿をみて頂いて子ども達も喜んでいました。

お忙しい中、参観に来て頂きありがとうございまいた。